MENU
RECRUIT
先輩社員の声
ホーム > 先輩社員の声 > 藤原 幾磨
MD部
藤原 幾磨
IKUMA FUJIWARA
2018年 / 中途入社

ご挨拶

MD部という仕入担当の部署に所属している藤原と申します。入社して一番日は浅いですが、皆様のご参考になるようにと内容を考えましたので、一度目を通してもらえれば嬉しいです。

普段のお仕事の内容を教えてください。

自分たちが扱うカタログ掲載商品に関する情報すべてに関わっていくことがMD部の主な仕事です。マーケティング部がお客様との関わりが主体なのに対して、MD部は仕入先様と関わるのが主体になってきます。
社内にいて商品情報の改廃や価格変更を行うこともあれば、社外に出てカタログを充実させるために新商品を探しに展示会に出かけたり、良い商品を取扱いができるように商談を行ったりします。自分が「いいな!」と思った商品を仕入れられるようにするために商談を行い、価格や数量の交渉を行っていきます。お客様や代理店といった商品の流通に関わる自分たち以外の方々含めて、満足いく条件で商品を仕入れられるようにすることも大事な仕事です。

やりがいを感じるのは、どんなときでしょう?

自分が展示会で見つけて「掲載したい!」と感じた商品がカタログの誌面として完成したときです。実際に仕入れようと思った商品と出会うきっかけや仕入先様との商談でお話して取りまとめる感覚、頂いた情報を誌面として反映するまでの苦労など、長期にかけて取り組んできたことが一つ形になったとき、達成感のようなものがあります。カタログは私達の商売道具のようなものであり、大事な生命線です。自信のある中身に仕上がったときは本当にやりきった感覚があります。
実績が素直に出れば更に喜びは増すと思いますし、思うように出なかった場合も次年度の反省材料として改善点は出てくるので、苦悩する分だけ毎回の感動もひとしおとなっています。

入社の"決め手"はなんでしたか?

私が二度転職を経験していて、その異なる二つに親和性を感じたからです。一つ目は中学校教員として国語を教えていました。教育学部を卒業し、学生の頃から学校現場に出て子どもと関わっていたので、学校現場の実態や指導要領がどんなものか、実際の授業風景はどうかということにも人よりは詳しい自信があったからです。
二つ目の仕事では小売業での販売の仕事をしていました。生産計画や発注数を決め、店舗にあった売れ筋を考え、販売して数字にしていく仕事が好きだったこともあり、売れ筋を探す楽しみを知っていたからです。
これらの経験が三和の仕事にもれなく噛み合っていると感じたので、そこが決め手となり応募したことを今でも覚えています。

最後に求⼈応募を考えている⽅へメッセージをお願いします。

私は二社目の転職で一度地元の秋田に戻り、そこからまた関東に来たこともあり、仕事をする前は続けていけるか非常に不安でした。案の定不慣れなことも多く、入社してすぐの状態では経験が生きることはなかったからです。それでも仕事を続けられているのは周りの助けと失敗が許容される、分からないことは聞くことができる風土がしっかりあったからです。挑戦すること、考えて行動することに対して非常に協力的です。上司や同僚がそういった人たちだったからこそ、今の職場で続けられていると感じています。「サンワクレド」というものが企業理念にありますが、三和製作所の社員の人となりが伝わってくると思いますので、ぜひ一度見てください。